演劇情報サイト・ステージウェブ

ステージウェブは演劇、ダンス、バレエ、ミュージカル、小劇場などのインタビューやおすすめ公演チケット情報、作品レビュー、掲示板など舞台芸術に関する総合ウェブサイトです

検索




 
 
Select Shop
 
Powered by
Movable Type 4.25

2009年5月14日

詩学(しがく) Peri poiētikēs

 詩学とはギリシアの哲学者アリストテレス(前384-322)の著作。原題 Peri poiētikēs 。

 紀元前384年に著された「詩学」は26章が現存し、その大部分は悲劇の創作論について書かれているが、演劇論、芸術論として有史以来最も重要な文献とされている。アリストテレスは、「詩学」のなかにおいて、文芸、音楽、舞踊、絵画、彫刻はすべて人間の模倣本能に基づく模倣(ミーメーシス)を共通原理とするが、その媒体、対象、表現方法によって文化と差異が生じ、そこから叙事詩、悲劇、喜劇などのジャンルが生まれたとした。そして文学の最高形態である悲劇の効果をカタルシスにあるとし、その構成要素を、筋、性格、措辞(そじ)、思想、場面、旋律の6つとし、筋を要素の第1に置き、主人公の位置を一般市民より高貴な存在に求めて喜劇と区別している。
 「詩学」で述べられるアリストテレスの芸術に対する構造理解は、当時としては画期的なものであり、今なお、芸術論を考える際に参考にされている。

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.stageweb.com/mt_sys33/mt-tb-stageweb.cgi/317


    

■ 詩学(しがく) Peri poiētikēsに関連する記事

  

------------------------------------------


 TOP | ステージインタビュー | 演劇ニュース | 公演カレンダー | 公演レビュー | 掲示板 | 演劇辞典 | セレクトショップ | 演劇リンク集 | Contact

Copyright STAGEWEB.COM 1995-2009 All Right Reserved. No material in this publication may be reproduced, in whole or in part, in any without permission .