演劇情報サイト・ステージウェブ

ステージウェブは演劇、ダンス、バレエ、ミュージカル、小劇場などのインタビューやおすすめ公演チケット情報、作品レビュー、掲示板など舞台芸術に関する総合ウェブサイトです

検索




 
 
Select Shop
 
Powered by
Movable Type 4.25

2007年3月 7日

道化(どうけ)

 言葉や動作で人を笑わせること、またそういうことをするキャラクターのこと。低俗な発想で、粗野、粗暴、愚劣な言動をするが、その一方で反権威主義的な要素もあるため、大衆には支持される存在である。

 ヨーロッパで最も古い道化はフール(阿呆)で、ラテン語で「ののしる」という意味のfollisが語源だという説がある。現存する道化としては、イタリアのコメディア・デラルテに登場するアルレッキーノが古代喜劇道化の流れを汲んでおり、16世紀以来の伝統を今に伝えている。仮面を付け、つえを持ち、まだら模様の服を着ているずる賢い下男という設定である。
 一方、フランスではパントマイム道化としてピエロがいる。白塗りの顔に白い服、長袖というスタイルは今では世界的にポピュラーになっている。
 イギリスではシェイクスピアの作品の多くに道化が登場する。しかし、『リア王』に登場する「フール」に代表されるように、主人公たちの悲劇を見抜き、劇の進行を外側から傍観するという意味で、単に人を笑わせる道化以上の存在である。
 同じイギリスで生まれたクラウンは武骨者という意味で、ピエロ同様白塗りの顔に、大口の化粧、どた靴という格好で、やがてサーカスに登場するようになる。

| トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.stageweb.com/mt_sys33/mt-tb-stageweb.cgi/108


    

■ 道化(どうけ)に関連する記事

  

------------------------------------------


 TOP | ステージインタビュー | 演劇ニュース | 公演カレンダー | 公演レビュー | 掲示板 | 演劇辞典 | セレクトショップ | 演劇リンク集 | Contact

Copyright STAGEWEB.COM 1995-2009 All Right Reserved. No material in this publication may be reproduced, in whole or in part, in any without permission .